サレ妻からの復活!夫婦関係を再構築する方法

夫に浮気をされ「サレ妻」になってしまった後、夫とどうやって上手くやっていこうかと悩む女性も多いようです。

 

もちろん、浮気されたことは許せないですし腹も立ちますが、そんな事を言っていても毎日は過ぎていきます。

 

夫婦関係を少しでも早く修復して、もう2度と浮気はさせない!そんな風に思うサレ妻も多くいます。

 

 

今回は浮気をした夫(シタ夫)と、サレた妻(サレ妻)の関係を再構築するためにはどんな手順を踏んだら良いのかをお話していきます。

 

 

まずはどうして夫が浮気をしたのかを考えてみる

 

一番悪いのは、もちろんシタ夫です。

 

しかし、サレた側が何の問題も無かったのかというとそうとも言い切れないのが辛いところ…。

 

夫が妻に何の不満もなく、幸せだったら浮気のチャンスがあっても「ダメ」と断れたかもしれないからです。

 

サレ妻が夫がどうして浮気をしたのだろうと考えるのは苦しい事ですが、まずは「自分には落ち度が無かったか」を1度考えてみることも再構築には必要です。

 

 

夫婦だけの話し合いの場を作ってみる

 

浮気がバレてしまった後のシタ夫の心理は「やってしまった」「バレテしまった」「傷つけた」「俺はどうしようもない人間だ」「子供に示しがつかない」など罪悪感もあります。

 

 

そのため、妻が感情的になり浮気を責めてしまうと、夫はこれ以上自分が傷つかないように落ち込まないようにと心を余計に閉ざしてしまいます。

 

 

夫婦で浮気についての話し合いをする時は、軽い感じで「私はもう許している」という雰囲気をウソでもいいので出す必要があります。

 

そして「話をしよう!私は怒らないし大丈夫だからね」と子共をなだめるような雰囲気で話をしてみましょう。

 

冗談を交えながら「男は浮気をするって解っているけどぉ。どうして浮気したのよ?」と聞いてみることですんなり夫の本音が聞けるかもしれませんよ。

 

 

スキンシップを受け入れる

 

夫がスキンシップを求めてきたら、可能な限り受け入れてあげるほうが関係は修復しやすくなります。

 

大抵のサレ妻は、ここで「プリン(不倫相手)とエッチしてきた汚い手で触らないで」なんて言って余計に関係を悪くしてしまい、仮面夫婦やックスレス夫婦になってしまう事も多いんです。

 

 

もちろん、心が辛くなるようならスキンシップはしなくても大丈夫。

 

無理にセックスはしなくても、肩に触れる、手を握る、ハグをするという行為だけでも、夫は「許して貰えてる…」と嬉しくなり再構築へと気持ちが前向きになります。

 

会話はいつもよりも優しく

 

サレ妻の方が辛いのに、どうして気を使わなければならないの!と怒られそうですが、シタ夫は浮気がバレた後、女性が思うよりもビクビクしています。

 

怒られて当然な事をしたことを自分でもよく解っているのです。

 

そのような状態で、妻が普段よりも辛く当たってしまうと夫の心の行き場がなくなり、関係が悪化してしまうことがよくあります。

 

特別なにか優しい言葉をかけることはできなくても、「おはよう」「おやすみ」「ありがとう」「お疲れ様」という暖かい言葉は常にかけ続けるようにしてください。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

夫に浮気をされてしまうと夫婦関係を再構築するのには妻の努力がかなり必要となります。

 

浮気をされて苦しいのは私なのに!とイライラする気持ちは解りますが、関係を再構築するためには夫の気持ちに寄り添い「許している」というオーラを出していかなければなりません。

 

 

居心地の良くない家庭では、話し合いも出来ずそのままズルズルと夫婦の間の溝が深くなってしまう恐れもあります。

 

 

浮気発覚後の再構築は焦らず少しずつでも夫の心に寄り添い本音を聞き出すことから始めましょう。

ページの先頭へ戻る