サレ妻になっても離婚はしない理由とは?!

どんな妻でも夫の浮気は許しがたいものです。

 

しかし、全てのサレ妻が離婚を選択するとは限りません。

 

夫の浮気を許し再構築を選ぶサレ妻も多くいます。

 

「本当に許せるの?」「裏切った夫とやって行けるの?」と思うでしょう。

 

夫に浮気をされても許し再構築を選んだサレ妻が離婚しなかった理由についてお届けします。

 

 

 

 

夫のことがまだ好きだから

 

浮気をされてもまだ夫に対しての愛情があり、「別れたくない」と言う思いで離婚をせず再構築を選んだサレ妻もいます。

 

自分を裏切った夫でも完全に「好きな気持ち」がなくならないサレ妻も多いでしょう。

 

 

浮気相手の女性への対抗心

 

浮気相手の女性は、夫が離婚してくれるのを待っているはずだと思うと相手の女性の思うツボのようで離婚はしないというサレ妻もいます。

 

浮気相手から慰謝料を貰ったとしても、多くても300万程度が相場。

 

そんな少額で築いてきた家庭を壊されてはたまらないと思うようです。

 

 

経済力の無さ

 

「離婚しない理由」としては経済的な問題が最も多いようです。

 

特に子供がいる場合は真っ先に離婚後の生活の不安が出てきます。

 

専業主婦やまだ幼い子供がいると就職も難しく離婚したくてもできません。

 

離婚しても自分が働けば何とか生活できると思っても、小さな子供の面倒を実家に頼めないと働きたくても働けません。

 

実家の親が片親だったり、病気だったりて実家を頼れずに働くのはかなり難しいでしょう。

 

小さな子供がいるだけでも就職するには大きな不利になるのに、面倒を見てくれる実家もないのでは雇ってくれる会社もないかもしれません。

 

 

初めての浮気だったから

 

浮気が初回であり、誠意を持って謝罪してくれて相手の女性ともしっかりと別れた事がわかれば許すサレ妻もいます。

 

何度も繰り返す浮気なら許せないでしょうが、初回なら何とか許してやり直そうとすることも。

 

 

子供にとって父親の存在が必要だから

 

子供から父親を奪ってしまえず、離婚を諦めることもあります。

 

特に小さい子供だと、父親と一緒に暮らせなくなる理由も理解できません。

 

子供を悲しませるより母親として自分が我慢するべきだと考えてしまい離婚を諦めることもあります。

 

 

まとめ

 

サレ妻になっても、離婚しない理由は様々ですが、大半は次の3つの問題が原因で離婚は諦めてしまいます。

 

  • 夫への愛情
  • 経済的な問題
  • 子供のため

 

しかし、すぐに離婚はしなくても自立のために資格を取得しコツコツと貯金をしたり、子供の成長を待つなど着々と離婚できるように準備をするサレ妻もいます。

ページの先頭へ戻る