自分の出来る範囲でやってみる!夫の浮気相手の特定

夫の浮気が発覚した後、怒りや悲しみの中でサレ妻が一番に考えることは…。

 

夫の浮気相手の女性って誰なのか?どんな女性なのか?ということですよね。

 

慰謝料を請求するしないに関わらず、夫が浮気した女性はどんな女性なのかは妻として知りたいのは当然のことです。

 

今回は、自分でもできる夫の浮気相手の女性を特定する方法についてお届けします。

 

 

 

相手のフルネームをゲットできたら

 

 

夫のスマホや持ち物などをチェックすることで浮気相手のフルネームが解ることがあります。

 

フルネームがわかれば、インターネット検索窓にダイレクトに名前を入れればその女性の情報が出てくる事があります。

 

その女性のインスタやフェイスブックなどのSNSを見つけることができれば勤めてる会社や本人の写真なども合わせて入手する事が可能に!

 

 

ラインでも、ある程度の事は把握できる

 

フルネームが解らなくても夫の女性のラインを見る事ができれば、ある程度の情報は掴めます。

 

ラインの会話でいつから浮気が始まったのか、いつ関係を持ったのか、どこに住んでいて、どんな家族構成で仕事の終わる時間や始まる時間などがわかるでしょう。

 

ダブル不倫なのか、それとも独身の女性なのかもラインの会話を見ることである程度は検討がつけられるでしょう。

 

何度も夫のスマホを見ていると、気付かれてしまう危険性もあるの夫のスマホのライントーク履歴を自分のスマホに送信しておくことをオススメします。

 

 

経済状況や住所、性格なども把握できる

 

浮気相手の女性のSNSやラインを細かくチェックすることで相手の経済状況や友人関係なども把握できます。

 

女性は服やアクセサリーやコスメなどを買うとインスタやブログ、タイムラインなどにアップする事が多いでしょう。

 

その品物をチェックすれば、おおよその収入などが予測できます。

 

よく行ってるカフェやお店がわかれば、住んでいる場所もある程度わかりますし、フォロワーなどから夫と共通の友人も見つかることもあります。

 

ブログを見つけることが出来れば文章からその女性の性格もわかります。

 

複数のSNSの情報を合わせると夫と会った日時やエッチした日なども解ることがあります。

 

 

まとめ

 

慰謝料の請求をするのであれば相手の女性を特定する事は必須ですし、弁護士や探偵を使えば確実に特定できるでしょう。

 

しかし、探偵事務所に依頼するとかなり高額な費用がかかります。

 

依頼するにしても自分で把握できる情報が多ければ多いほど費用も削減できるのでやれることはやっておいて損はありません。

 

ただし、情報が欲しいからと言って違法になるようなことは絶対にNGです!

 

特定できて慰謝料請求したり裁判になった時に不利になってしまいます。

 

自分のやろうとしていることが違法かどうか心配な場合は、無料の弁護士相談を利用して確認するのもアリです。

ページの先頭へ戻る