なぜ、私がサレ妻に?!夫が浮気をした本当のワケ

世の中のシタ夫が不倫したのには特別な理由など殆どありません。

 

主な理由としては下記のようなものです。

 

 

  • 刺激が欲しかった
  • 妻とセックスレスだった
  • 褒めて欲しかった・認めて欲しかった

 

サレ妻になると、裏切られたショックの中で「夫の浮気の理由」をいろいろと想像して「まさか、自分の夫が不倫するなんて…。」と
落ち込んでしまう女性が多いはず。

 

浮気相手に女性として負けたと思い女性として否定されてしまったようで、自信を失くしてしまうこともあります。

 

しかし、男性が浮気した理由は妻から見ると「えっ?!そんなこと…」と思えるような一見、くだらないようなものが殆どです。

 

決して、サレ妻が浮気相手の女性よりも劣ってる訳でもありません。

 

むしろ、浮気相手の女性のルックスを見て逆にこんな女のどこが良かったんだろう…と思ってしまうことも多いものです。

 

その浮気のそれぞれの理由について詳しく説明していきます。

 

 

 

刺激が欲しかった

 

家事や育児に追われ、いつもスッピンでヨレヨレの色気もない部屋着で子共を追い掛け回す妻に「女」を感じなくなり、「綺麗で色気のある女性との刺激」を求めて浮気をしてしまったという男性は多いものです。

 

いつも一緒にいる妻のことはもう「家族」で母親や姉妹とはセックスができないのと同様に「女」を感じなくなってしまうと男性は妻以外の女性をセックスの対象として見るようになってしまいます。

 

結婚後も「ドキドキする刺激的な男女の関係」でいるのが理想ですが、理想と現実は違います。

 

妻が家庭で家事や育児に追われている間も外で仕事をする男性は、刺激を感じてしまう女性とも知り合う会う機会が多いので浮気・不倫へと発展してしまうのでしょう。

 

 

セックスレスだったから

 

専業主婦も兼業主婦も、家事や育児に追われていて疲れ切ってしまいご主人とのセックスもおざなりになりがちです。

 

特に妊娠中や出産直後は体調だけでなく精神的も不安定なのでセックスレスになりやすいでしょう。

 

でも、男性は「結婚したら奥さんと楽しくセックスし放題」なんてことを考える人も多く、それが叶わないと性欲処理のために違う女性を求めてしまうこともあります。

 

モテるタイプの男性だと、結婚してからも女性に声をかけられる頻度も高く「奥さんとセックスレスなんだ」という決め台詞を引っさげて体の関係を持とうとする人もいるようです。

 

褒めて欲しかった・認めて欲しかった

 

家事や育児を頑張ってる妻からすれば、それを認めてくれたり褒めてくれなくても浮気なんてしない!と反論したいですよね。

 

でも、男性は女性よりも本能的に「認められたい」「褒めて貰いたい」というという気持ちが強い生き物です。

 

それが叶わないと「癒されない」と感じて他の女性を求めて浮気をしてしまう事があります。

 

「毎日、クタクタになるまで仕事して帰宅してもお疲れ様の一言もなく給料日にも当たり前のように俺が稼いだお金を使ってる妻に嫌気が差した」と言う男性もいます。

 

そんな時に、ちょっと自分好みの若い女性から「○○さんって仕事が出来るし凄いですよね!尊敬しています!」なんて言葉をかけられていい気になって、その子を誘って食事やお酒、のちのちにセックスにまで至ってしまうという男性も少なくないようです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

既婚者の男性が浮気をしてしまう理由は、人により様々ですがその殆どが単純なものです。

 

男性は女性よりも精神年齢が低くストレスに弱いので、小さなストレスでも嫌気が差して逃避する傾向があります。

 

男性の性質を理解し、ご主人にとって何がストレスになっていたのかを突き止めることにより浮気を繰り返すことがなく家庭に戻ってくれるようになる可能性が高いでしょう。

ページの先頭へ戻る