専業主婦はサレ妻になる確率が高い?!

仕事を持つ女性よりも、専業主婦の方がサレ妻になる確率が格段に高いことを知っていますか?!

 

家事や育児に専念し、家庭を守ってる専業主婦…。

 

専業主婦がサレ妻になりやすい理由はどんなものなのでしょうか?

 

 

話しが合わなくなってしまう

 

外に働きに出ていると、夫とも困った上司のあるあるネタで盛り上がったり、時には愚痴をお互い言い合っても「解る〜!」と共感できたりします。

 

でも、専業主婦の女性の会話というと「子供の話し」「近所のママ友の噂」「テレビのゴシップネタ」などが中心になってしまうので、夫としては「妻と仕事の話をしても理解してくれないし、つまらない」と感じてだんだん会話が減ってしまいます。

 

それに比べて、同じ会社内の同僚女性ならば仕事の愚痴なども理解してくれるので、会話が弾むうちに「浮気」という形に発展してしまう男性もいます。

 

 

メイクやファッションに手抜き

 

専業主婦は、一日を家の中で過ごすため身なりにかまわなくなりがちです。

 

女性は誰かに見られてないと自分のことに構わなくなります。

 

ボサボサの髪に化粧っけも色気もない妻と、いつも綺麗でおしゃれな女性をついつい比べてしまうと夫の気持ちも離れてしまうでしょう。

 

少しでも節約しようとしてるのに…と思うでしょうが、男性は視覚からの刺激に弱いものです。

 

女性らしい見た目に強い性的刺激を受けます。

 

自分の身なりに構わない妻に対して「女として見れない」と感じて浮気をしたい気持ちが高まるリスクも…。

 

 

収入がないので離婚できないだろう

 

専業主婦に対して、「自分が養ってやってる」という上から目線になりがちです。

 

自分が浮気をしても離婚すれば生活できないので我慢するだろうと高を括ります。

 

妻の方も離婚しても自分だけで生活する自信がないので、怪しいと思っても夫に強気で聞けないなど不利になります。

 

特に子供がいると、経済的な問題で我慢してしまうので専業主婦の夫はいい気になって浮気をしてしまうようです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

専業主婦の家事労働を換算すると、年収1200万円とも言われています。

 

家事代行サービスの利用料は最低でも1時間2000円〜です。

 

しかし、一般的な男性の考えは「主婦の労働は0円」だそうです…。

 

だから、「俺が稼いで養ってる」のような見下した気持ちから浮気してしまうようです。

 

「経済的自立」は本当に大切ですね。

ページの先頭へ戻る