浮気を繰り返す夫の妻に共通する特徴とは?!

結婚後に浮気をした経験のある男性は2度目、3度目と繰り返してしまう傾向があります。

 

浮気をするのは夫のせいだけではなく、浮気を繰り返す男性の妻には共通の特徴があると言われています。

 

もし、貴女がサレ妻で夫にもう二度と浮気をして欲しくないと思っているのなら自分自身にも浮気の原因はないのか真剣に考えてみる必要はあるでしょう。

 

今回は、浮気を繰り返す男性の妻に共通する点について解説していきます。

 

 

 

簡単に夫の浮気を許す、自分の気持ちを伝えない

 

夫の浮気が発覚しても、夫への愛情や子供のことを考えて離婚ができないと判断すると再構築するためにも簡単に浮気を許してしまうサレ妻もいます。

 

しかし、すぐに許すことが再構築のために有利に働くとは限りません。

 

簡単に許して貰えた=次の浮気も簡単に許して貰えると高を括ってしまい次の浮気の原因となる可能性も高いのです。

 

悲しい、悔しい、辛かったという気持ちをしっかりと夫に伝えないまま再構築をしようとするサレ妻も何度も浮気されます。

 

夫婦関係を修復するため、居心地の良い家庭を作るために自分の気持ちを押し殺し明るく振舞うことが逆効果になってしまうのです。

 

いつまでもグチグチと皮肉っぽい事ばかりを言い続けるのは良くありませんが、浮気発覚後にはしっかりと自分の本音を伝え精神的にどれだけ傷付いたかを分かって貰う事が次の浮気の防止に必要です。

 

 

何度も蒸し返す

 

 

1度浮気をされた時の悔しさや、辛さを何年経っても夫にぶつけてしまうサレ妻もNGです。

 

夫の浮気が発覚した直後には、徹底的に話し合うことが重要ですが、お互いに納得した後は何度も何度も話を蒸し返されるといくら自分が悪かったとはわかっていてもいつまで続くのかとウンザリしてしまいます。

 

サレ妻が夫の浮気を何度も思い出すフラバ(フラッシュバック)の症状がある場合は、そのことを夫に伝えて理解して貰うことが大切です。

 

フラバ(フラッシュバック)のことを理解できてない夫にとって何度も蒸し返して責められる事が浮気を繰り返す原因になることもあります。

 

ふとした時に夫の浮気を思い出し辛くなる気持ちはわかりますが、あまり長期にわたって責めることは逆効果です。

 

 

夫の浮気の原因を理解していない

 

夫が浮気をした本当の理由を知ることは再発を防止するために重要です。

 

セックスレスや妻を女性として見れなくなったなどのセクシャル的な問題が男性の浮気の原因として多いようです。

 

中には夫婦間での金銭感覚の違いや価値観の違いなど、生活面での不満の蓄積から浮気に走る夫もいます。

 

夫がどうして浮気したのかという本当の理由を知らないまま再構築しても原因の改善はできないので夫は浮気を繰り返すことになります。

 

しっかり話し合って、夫の本心と浮気の原因を聞くことが大切です。

 

 

まとめ

 

  • 夫の浮気を簡単に許す
  • 自分の気持ちをしっかりと伝えない
  • 浮気の話を何度も蒸し返す
  • 浮気の本当の原因を理解していない、改善できていない

 

以上のようなことが浮気を繰り返す男性の妻に共通する特徴です。

 

浮気を繰り返す男性の心理は様々です。

 

一番悪いのは、どんな理由があったにせよ浮気をする夫ですが、サレ妻の方も繰り返させないように対処することで再発はかなり防げます。

 

浮気をされた被害者のサレ妻の方が努力しなきゃいけないなんて…と怒りを感じるでしょうが夫婦関係を改善し浮気の再発を防ぐにはお互いの歩み寄りが必要です。

ページの先頭へ戻る