夫の浮気が再発しやすい時期やタイミングっていつ?

浮気に関するアンケート調査では、浮気をしたことのある既婚男性の45%が浮気を繰り返したり、同じ浮気相手の女性と水面下で浮気を継続していることが明らかになっています。

 

 

夫の浮気が発覚し、話し合って苦しく悲しい思いを我慢して許し再構築しようとしているのに約半数の夫が再び妻を裏切っているということです。

 

悲しいですが、これが現実です…。

 

 

しかし、出来る事なら夫の浮気再発を防止したい!とサレ妻は誰しも考えるはず。

 

 

夫の浮気防止を考えるためには、まず再発しやすい時期を理解して夫の行動を見ていかなければなりません。

 

 

男性は、一体どのようなタイミングで浮気を再発させるのかをお話していきます。

 

 

 

 

 

浮気をやめられない男性は多い

 

実に半数近くの男性は、浮気がバレて痛い思いをしたのにも関わらず、ホトボリが冷めれば浮気を繰り返すという実態があります。

 

なぜ、男性は浮気を繰り返してしまうのでしょうか?

 

男性脳には、狩猟本能や強い生殖本能が備わっています。

 

少しでも多くの女性に自分の遺伝子を植え付け、子孫を増やすというのが男性の本能です。

 

日本の婚姻制度は一夫一妻制なので、結婚後は妻だけで満足しなくてはいけないのが理性で解っていても、本能が勝ってしまうと浮気心を止められなくなってしまう男性は多いのです。

 

男性脳が強い男性ほど浮気を繰り返すということです。

 

 

夫の浮気が再発しやすいタイミングは3ヶ月単位

 

 

夫の浮気が再発しやすい時期は、一般的に3ヶ月おきだと言われています。

 

人は、3ヶ月くらいは何事もガマンしたり、気を張ったりできるものですが、それ以上になると自分の理性や、思いが勝ってしまうことが多くなっていきます。

 

浮気が発覚した直後は、「悪い事をした」と思っていても、その気持ちが3ヶ月もすると薄れ気も緩んでくるので、浮気相手の女性に会いたくなったり思い出すことも多くなります。

 

浮気発覚後の3ヶ月目に妻に怪しまれるような行動を見つかって「ヤバイヤバイ気を引き締めなくては」と思うものの、その後また3ヶ月が過ぎれば新たに気になる女性ができたり、昔の浮気相手に連絡したくなったりするようです。

 

このように、3ヶ月ごとに夫の浮気の再発の可能性が高くなるので、しっかりとチェックしていきましょう。

 

中には数年前の浮気相手と浮気が再発したケースも

 

浮気発覚から1年〜1年半くらい夫に怪しい行動がなければ、浮気は終了していると考えられるというのが一般的ではあります。

 

しかし、中には数年も前の浮気相手との浮気の再発なんて事もあるので、気は抜けません。

 

浮気の再発を防ぐのであれば、夫の携帯の電話番号を変え、メールアドレスを変更し、ラインも新しいアカウントに変えてしまうのは必須です。
それでも、浮気をする人はどんな方法を使ってでも繰り返しますので一度浮気をした夫を本気で信じるというのは大変なのかもしれません。

 

まとめ

 

浮気が再発するのは3ヶ月スパンだと覚えておくと、夫様の様子をチェックする時や、チクっとひと言釘を刺すタイミングも図れます。

 

しかし、3ヶ月スパンというのはあくまでも一般的ですので、浮気の再発も人それぞれです。

 

常に気を抜かず、夫の変わった様子を見過ごさないようにするのが浮気の再発を防ぎます。

ページの先頭へ戻る